Logo DEUTSCHE STIMMKLINK

DEUTSCHE STIMMKLINIK

まるで一人一人の声のように唯一無二のクリニック

DEUTSCHE STIMMKLINIKはヨーロッパで最先端の声クリニックの1つで、声に関することに特化した多角的な中心地です。

DEUTSCHE STIMMKLINIKの高い専門性、優れた環境、患者さま一人一人への心遣いは最高の治療です。音声治療、声楽療法およびオステオパシーは、学際的な治療概念の一部です。

DEUTSCHEN STIMMKLINIKは、声に関する全ての治療を行いますー軽度の声枯れから声帯麻痺や喉頭腫瘍まで。

診断は最先端のHD-ビデオ技術と声分析法によって行われます。治療方針は個人個人に合わせて決めていきます。私たちは患者さまに思いやりをもって過不足なくさまざまな治療方法をご提案させていただきますー基本的治療から音声外科、そして外科手術から全身麻酔まで。

私たちの患者さまから最も多く寄せられるご相談は:

  • 声枯れ

  • 反回神経麻痺(声帯麻痺)

  • 喉頭乳頭腫

  • 息詰まり(「喉の蛙」)

  • ポリープ、嚢胞、結節

  • ラインケ浮腫

  • 腫瘍手術後の音声障害

  • 年齢による声の変化

診断から外来まで

熟慮された診断方法

極小の内視鏡およびコンピュータ制御のHDビデオ技術を使用することにより、声帯の顕微鏡的変化を検出することができます。これらの検査は無痛で行うことができます。

  • HD技術によるデジタルビデオ内視鏡

  • デジタルビデオストロボスコピー

  • 狭帯域光観察(NBI)

  • 高速グロットグラフィ

  • ビデオキモグラフィー

  • エレクトログロットグラフィ

  • PCベースの音声分析

  • 筋電図(EMG)

  • 知覚的音声評価

私たちのセラピーは多岐に渡ります。

基本的治療

  • 言語療法

  • 喉頭オステオパシー(ヤコブ・リーバーマンの喉頭オステオパシー)

  • 声楽療法

  • 音声とスピーチのコーチング

  • プロのスピーカーのための音声コンサルティング

  • 歌手の声のリハビリ

  • 音声教育と声の衛生に関するアドバイス

外科的セラピー
(外科 / 全身麻酔 / 局部麻酔)

  • 音声外科

  • 声帯拡張

  • レーザー手術(KTPレーザーと「青」レーザー)

  • 喉頭乳頭腫除去

  • 甲状軟骨形成術

  • ボツリヌストキシン注射

  • 音声の女性化

  • 音声の若返り

  • 音声の若返り

  • 小児に対する手術

  • 奇形に対する手術

  • 異形成の治療

私たちは、あなたのためにここにおります。

1年に1.000件の外科手術を行っているDEUTSCHE STIMMKLINIKは、あなたの敏感な声に対して必要なプロフェッショナルな治療を行います。

Prof. Markus M. Hess マルクス・M・ヘス教授 耳鼻咽喉科医であり、音声医です。早い段階で彼は音声障害、音声外科、専門的な声質障害(歌手、スピーカー)の治療に特化していました。音声改善手術の分野では、ヘス教授は最も経験豊富な外科医の一人です。

Dr. Susanne Fleischer スザンネ・フライシャー博士 耳鼻咽喉科医であり、音声医です。 彼女は、ビデオ内視鏡、ストロボスコープ、声質障害の診断の分野における有力な専門家です。

Birte Heckmann ビルテ ヘックマン
スピーチセラピスト、ボイス&スピーチトレーナー

 Jale Papila ジャイル・パピラ
歌手、声の教師、声の健康

 Jacob Lieberman ヤコブ・リーバーマン
オステオパシーおよび精神療法師、喉頭オステオパシー

Dipl.-Ing. Frank Müller フランクミュラー 工学士
ボイスエンジニア、ボーカルアコースティック、電気音響声解析

>>私たちの元には世界中から患者さまがいらっしゃいます。私たちは98%の患者さまがDEUTSCHE STIMMKLINIKを親族や友人に勧めたいと回答されていることを喜ばしく思います。<<

Меню
Back